FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安芸の廣島分補充

 もうすぐ年末ですが、最近は手袋が無いと正直辛い、紙塗ったりです。
 先日のCOMITIA102に参加された皆様お疲れ様でした。やはり回数をこなす程、嫁入りする同人誌の数が増えていくようで嬉しい限りです。

 ところで、COMITIA102では新刊として國鐵廣島ファンVol.6の他、もう一つコピー本として広島電鉄ファンVol.0を出しました。これは、次回頒布予定の広島電鉄ファンVol.1の準備号的なものです。流石に一度に2種類のオフセット本を出すのは辛いので、このような形式を取りましたw

 そこで、次回以降のイベントで広島電鉄ファンVol.1を購入される際、「広島電鉄ファンVol.0を購入しました」と宣言されるか、または広島電鉄ファンVol.0を提示された場合、広島電鉄ファンVol.1を1冊につき50円引きで頒布します!
 なお、COMITIA102で広島電鉄ファンVol.0をご購入された方は、この際に記帳されたハンドルネームあるいは氏名をお教え下さい。

 多分、次回のイベントではオフセット本で広島電鉄ファンVol.1、更にコピー本で國鐵廣島の何かを出す予定です(つまり今回の逆)。ゆっくりお待ち下さい。




 さて、サークルのお知らせはここまでですが、実は11月23〜25日の3連休に急遽廣島へと取材に行って参りましたので、その時の写真を出しながら旅行記をば。

 1日目(11/23)。この日は広電の電車開業100周年記念祭が開催されるということで朝から撮影。ということでまず花電車の出発式へ向かいました。
100周年記念花電車出発式
 花電車といっても貨50形ではなく、100形電車に花と電飾を施したものというのがまた特別感を漂わせています。

 出発式セレモニーを最後まで見学し、花電車を見送った後、今度は鷹野橋にある歩道橋の上で待ち構えて撮影。200形ハノーバー電車の走行シーンを見るのは実はこれが初めてでした。なお、以下の写真ではシャッターを切るタイミングをミスって電線が顔にかかってしまってますがご容赦下さいw
768号 ハノーバー電車@鷹野橋

 ハノーバー電車の通過後、いよいよ千田車庫の100周年記念祭会場へ。
被爆電車3両揃い踏み ハノーバー電車@千田車庫 100形花電車@千田車庫
 先程鷹野橋を通過した電車達が揃っていますが、さらに車庫の奥には…

軽快電車3501 3501号車内
 最近はめっきり走らなくなったニートレイン3500形がいました。実はこうして3500形を間近で見るのも初めて。ましてや車内に入ったことも無かったので、その独特の座席配置を見てビックリ。まあ確かにこれだとラッシュの時大変だな…。

 そして、導入予定とされるグリーンムーバーの市内線バージョンのイラストも公開されていました。
PICCOLO
 このイラストでは'PICCOLO'となっていますが、もう1枚のイラストでは'PICCOLA'となっていました。どうやら、これは編成ごとの愛称のようで、まず最初に導入される2編成がそれぞれ'PICCOLO'と'PICCOLA'という愛称になるということだそうです。

 そんなこんなでずっと会場内で写真を撮り続け、3時過ぎに無料の特別便で会場を離脱。そして今度は市役所前辺りの陸橋で待ち構えていると…
 貨50形回送
 何だか妙にすっきりとした貨50形がやって来ました。この貨50形は会場内ではステージとして使われていましたが、撤収時に色々と取っ払った結果、このような何とも言えない状態になっていたようです。

 撮影後は西広島方向へ向かったのですが、専攻していた電車が十日市町で故障したということで本川町で立ち往生。どうやら話によると、その故障した車両は先程のニートレイン3500形だそうで、他の電車によって、当初戻る予定だった荒手車庫ではなく江波車庫へと引っ張られて行ったそうです。運用に戻る日はいつになるんだろう…。

 本川町からは自力で天満町まで向かい、その辺りでバルブ撮影後、宿へ行ってこの日は撮影終了。




 2日目(11/24)。この日の午前中は西条駅までEF67の切り離し作業を見に行きました。瀬野八での走行シーンはこれまで何度か撮ったことがあるのですが、西条での切り離し作業、というかEF67自体を間近でじっくり観察するのはこれが初。
EF67-102@西条 EF67-104@西条 EF67-102&104@西条
 まずやって来たのは102号機。4番ホームの隣の線で切り離され、一旦岡山側にある留置線へ引上げていきましたが、その後104号機の繋がった貨物が3番ホームに来て104号機が切り離された後、再び2番線にやって来て右の写真のように並んでくれました。
 0番台が見れなかったのはちょっと残念ですが、運転室の中もガラス越しに見ることが出来たのでまあ満足。

 午後からは広島に戻り、今度は芸備線に乗り込みます。キハ120の2両編成ェ…。
キハ120@広島
 まあ、キハ120でも狩留家を過ぎる頃には席にかなり余裕が出来るんですけどね。そんなわけで三次まで乗り、今度は三江線へ。
三江線キハ120@三次

 そして辺りがほぼ完全に暗闇に包まれる6時頃(田舎だから更に暗く感じる)、この日の第2目標に到着。
宇津井駅イルミネーション
 「信じられるか、秘境駅なんだぜ、ここ…」と、思わず言いたくなる程の賑わい様とこのイルミネーション。
 そう、この日はINAKAイルミ@おおなん2012の開催日でした。宇津井駅の高架とその周辺の神社や寺、さらに今年からは田んぼにもイルミネーションが施され、普段の秘境振りからは想像もつかないお祭り騒ぎの状態でした。
 だけど、列車ダイヤの都合上1時間ちょっとしか居られなかったのがあまりにも悔しい…。この日だけでも社会実験のバスをもっと増便してくれたら良かったのに…。

 そんなわけで、この後は来た道をそのまま帰って宿に戻りました。


 3日目(11/25)。午前中は瀬野八のとある撮影スポットでカメラを構えることに。狙うはこれまであまり撮れなかったEF67(特に0番台)。しかし起床事故発生により本数があまり撮れなかったのはここだけの話。
EF67-1@瀬野八
 というわけでチャンスは少なかったものの何とか撮影成功。トップナンバーだし、紅葉も写ってるし、秋のEF67(0番台)を撮るという目標は達成!…かな?

 午後は広島市内に戻り、広島市郷土資料館の特別展「広島の路面電車100年」を見に行ったり、千田車庫から出てきた100形の花電車を撮ったりして広電分を吸収。
100形花電車@広電本社前〜日赤病院前

 そして夕方広島を出発して東京へ戻り(新幹線は自由席だったが新神戸で何とか座れた)、無事に旅行は終了。普段この季節に広島に行くことがなく、また今年は広電電車100周年ということもあり、色々と新鮮なものを見ることが出来ました。


 さて、この3日間で色々と撮ってきましたが、何が次回の新刊の表紙となるかはまだ未定です。期待せずお待ち下さい。
スポンサーサイト
検索フォーム
Twitter/P_nuttari
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。